『シブヤガワ映画祭2018』の開催について

9月16日(日)・17日(祝)

渋谷のド真ん中。2日間限りのシアターキャンプ場が出現!


今までになかった斬新なアプローチで"映画の楽しみ方"を提案してきた『シブヤガワ映画祭』が2日間限定で渋谷の街に帰ってきます!

今回は渋谷の中心部にオープンする『渋谷ストリーム』のエントランスに2日間限りのシアターキャンプ場が出現。夜空と夜景に囲まれながら、渋谷川の真上に設営されたテントの下で、家族・友人・恋人同士でキャンプ気分を味わいながらアットホームな雰囲気で映画を楽しんでいただきます。


さらに、今回は「短編映画(ショート・フィルム)」と呼ばれる上映時間が5分〜30分の作品を選定。欧米を中心に高い人気を誇る短編映画には、魅力的な作品が数多く存在します。また、長編映画に比べて制作負担が少ないことから若手監督が関わることも多く、完成度の高いインディペンデント系作品の存在も見逃せません。

再開発が進む渋谷川を舞台に、来場者が日本ではまだまだ認知度の低い「短編映画」と出会う「接点(meeting point ※ 川の支流が交わる地点)」になりたい。今回のイベントには、そんな願いも込められています。


『シブヤガワ映画祭2018』は、私たちがまだ気づいてない「映画の多様性」を体感することのできる、他にはない魅力的なイベントになるはずです!


《 開催概要 》

名 称:シブヤガワ映画祭2018

主 催:シブヤガワ映画祭2018 実行委員会

開催日:2018年9月16日(日)・17日(月・祝)

時 間:18:00〜22:00

会 場:渋谷ストリーム 稲荷橋広場

内 容:短編映画(3〜4作品)の上映

《上映予定作品》

  • 『頭山』(2002年公開/山村浩二監督/10分/第75回 米アカデミー短編アニメーション部門ノミネート)
  • そうして私たちはプールに金魚を、』(2017年公開/長久充監督/28分/第33回 サンダンス映画祭ショートフィルム部門グランプリ受賞)
  • その他、2~3作品を上映予定

《 シブヤガワ映画祭とは》

近年、日本全国で様々な上映イベントが開催される様になった一方、独自の映画文化を築いてきた渋谷では、その拠点だったミニシアターが次々と閉館していきました。

多様なカルチャーを創造し、常に時代の半歩先の新しい価値を提供し続けてきた渋谷だからこそ、この背景には、 むしろ「今の映画の楽しみ方の需要と供給に不一致が起きているのではないか?」と私たちは考えました。もっと映画鑑賞の既成概念を取り払ってみたら。映画の存在意義をもっと自由に考えてみたら。そんな「映画の可能性」を自由に捉えてみることで、次代の新しい映画カルチャーが生み出せるのではないかと思ったのが私たちの原点です。

今、渋谷はあちこちで再開発が進み、まちもひとも文化もまさに一新しようとしている街です。「これまでの渋谷」と「これからの渋谷」が大きく混ざりあう時代の流れのなかで その象徴的なシンボルとしてあるのが「渋谷川」です。 渋谷一帯を横断する渋谷川は、いつの時代も変化を受容しながらその存在を残してきました。 

シブヤガワ映画祭はそんな「渋谷川」のように、新旧の映画文化を取り入れながら、既成概念に囚われない新しい映画の観方=”映画観”を提供することで、人々と映画との接点を増やしていくことをミッションに2015年から上映イベントを企画・開催しています。


『シブヤガワ映画祭2018 実行委員会』について

『シブヤ大学』から生まれた

“渋谷らしい映画祭“を目指して活動するオトナたちの集まり。


「シブヤガワ映画祭2018」を主催する「シブヤガワ映画祭2018 実行委員会」は、2015年3月に「特定非営利活動法人 シブヤ大学」の公認ゼミ・サークル「シブヤ映画祭部」として、映画や映画祭に携わった経歴のある発起人たちをきっかけにスタートしました。メンバーはすべて別に本業を抱える“ふつうのオトナ”たち。「渋谷」と「映画」に愛着がある様々なバックグラウンドを持つ人々が集まって、あるようでなかった「渋谷らしい映画祭」を目指して様々な活動をしてきました。


2016年10月に開催した「シブヤガワ映画祭2016」の閉幕に合わせて「シブヤ映画祭部」の活動も終了。現在は「シブヤガワ映画祭2018」の開催に向けて、シブヤ大学から組織を完全に独立させた上で、当時のメンバーを中心に、映画祭の新しい可能性を模索しながら活動を続けています。

《団体概要》

名 称:シブヤガワ映画祭2018 実行委員会

設 立:2016年3月

お問合せ先:メールにてお問い合せ下さい