Yuki Morimasa

記事一覧(3)

meeting point企画会議 「映画」と「原付」を融合させたドキドキ上映プログラム決定!

第1回シブヤガワ映画祭で上映イベントを行う「meeting point」プロジェクト。どんな映画をどんな風に上映するのか、探究が続きます。「原付」は、何に似ている?7月のミーティングで開催が決まった上映イベント「meeting point」。シブヤガワ映画祭開催に向けて、GENTSUKI CLUBとシブヤ大学 映画祭部がタッグを組んで動きはじめました。「原付×映画」でどんな上映イベントができるのか。その手がかりを求め「原付になぜ乗らないのか?」を探究。映画祭部とGENTSUKI CLUBが、原付について熱く語りあいました(詳細は前回のレポートをご覧ください)。原付は本来身近な乗り物だけれど、東京で暮らす大人にとって遠い存在になりつつあるのでは?という問いもでてきました。続いて探るお題は、「原付に感じるイメージと似ているキーワードは?」。原付に対して抱いているイメージと似ているものって何がある?いまの自分にとって身近なもの、自分の生活に密着しているキーワードから選びます。各自付箋にキーワードを書いて、一つのボードに貼り付けました。集まったキーワードは、300以上。「旅」「はじまり」「スキップ」「夜明け」「風」「ハロウィン」「ギター」「ラムネ」「公園」など、様々な言葉が並びました。次にキーワードをカテゴリで分別していきます。「恋愛」、「SNS」、「仕事」、「夏」、「音楽」と分類する中で、それらすべてを内包する大きな言葉が4つ見えてきました。その一つが「自由」。原付から連想され、また、すべてのキーワードに関連するイメージでもあります。英訳のほうが気分として伝わりやすいのでは? との意見のもとブラッシュアップされたイメージは次の4つでした。「Freedom(自由)」「Fine(爽快)」「Open(開放的)」「Exciting(ドキドキ)」原付にかかり、そして映画にもかかるもの。「原付×映画」は4つのイメージから何を導きだすのか?プロジェクトは具体的な企画立案へと進みます。スケジュール確認とPR戦略

映画の「観たことのない観方」を探る。シブヤガワ映画祭とのコラボプロジェクト、「meeting point」はじまります!